カレドニアンとは 書籍「Golf 伝統と革命」の抜粋記事

01.幸運な星の下に誕生

マイケルポーレットの芸術的デザイン

記事を読む
02.世界最高のコース造り

スコットランド指向の戦略型コースを開発
”早川治良”

記事を読む
03.フェア・プレーの精神とカレドニアン

設計者に負けてはダメと中部は言った
= 杉山通敬 =

記事を読む
04.中部銀次郎の残した
言の葉(ことのは)
”面白くたのしいコース
こそほんもののコース”

類似したホールが一つもない面白さ
=菊谷匡祐、杉山道敬、西澤忠=

記事を読む
05.ベストコース
ランキング2017年1位

コースメンテナンス、レイアウト部門

記事を読む
06.バンカーに薄化粧
ゴルフの伝統を守り
憧れの舞台と成す

”品格と算盤”

記事を読む
07.ワングリーンへの執着

ワングリーンこそ良いコースの条件
=金田武明氏の先見性=

記事を読む
08.超高速グリーンは
別世界

変化と戦略性を際立てるパッティングを
再びゲームの中心に

記事を読む
09.どうすれば日本の
プロゴルファーは
世界で勝てるのか

高速グリーンが強いゴルファーを育てる
=早川治良=

記事を読む
10.戦略型で知られる
名コースは超高速
グリーンの常態化に邁進

挑戦意欲を駆り立てる屈指の難コース

記事を読む
11.高速グリーンの裏に
弛まぬ努力
(為せば成る)

本物の重み。限界を突破する

記事を読む
12.コースは海から
生まれた

美しい罠に挑む。攻略の快感
=西澤忠=

記事を読む
13.優れたコースは優れた
芸術

カレドニアンはリンクスの模範ではない。
生きた芸術である=金田武明=

記事を読む
14.リンクスの再発見

摂津茂和氏の想い
”百年の悔いを残すな”

記事を読む
15.リンクスランドの
精神、ここに息づく

神が造ったコースは頭脳を要求する

記事を読む
16.米国のコース100選の
基準

金田武明

記事を読む
17.トム・ドークのゴルフ
コース評価基準

ショットヴァリュー・デザインバランス
メモラビリティなど間違いなく
プレーする価値がある

記事を読む
18.一度は回りたい
日本の聖地

本流の思想にポーレット独自の思想が
=大塚和徳=

記事を読む
19.プロフェッショナルを
目指せ
”仕事に精魂を込め、
技の習得に徹する”

新入社員入社式の訓示
=早川社長=

記事を読む
20.人づくり革命で
不可能を可能に

意見の対立がイノベーションを生む

記事を読む
21.おしゃれと気品
(品格は内から)
(老いるな中小企業)

四季に勝つ。危機の時代こそ自助。奴雁たれ!

記事を読む
22.裏方さんの汗と涙が
詰まっている
超高速グリーン

刈高2.8ミリ、じょうろと水やりは
朝・昼・晩の1日3回!

記事を読む
23.名コースは会員や
従業員にも誇りを持たせる

カレドニアンGCの矜持 -初志貫徹-
=澁谷康治=

記事を読む
24.神は細部に宿る

健康なみどり輝く芝を追い求めて

記事を読む
25.カレドニアンの
飽くなき挑戦

”人間革命でイノベーション”

記事を読む
26.クラブにゆかりある方々

文武両道 -細川護熙-
”メンバーがプライドを持って人に語り
心底から愛せるクラブがベスト”

寄贈名誉会員 細川護熙
記事を読む

お問い合わせCONTACT

電話でのお問い合わせ 0479-82-6161 受付時間 平日9:00~18:00
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームへ
ページ上部へ