INコース

3464-2690yards / Par36

HOLE PAR GOLD BULE WHITE RED
10 4 435 375 350 321
11 4 429 360 342 294
12 3 220 198 185 150
13 4 407 377 355 324
14 4 392 385 357 322
15 5 498 498 470 419
16 4 343 343 330 268
17 3 195 163 150 123
18 5 545 515 486 469
10-18 36 3464 3214 3025 2690

Hole 10

コース図
コース写真
Gold 435
Blue 375
White 350
Red 321
Par 4 / HDCP 4

やや右ドッグレッグのパー4。右クロスバンカーの左狙い。2ndは、グリーン左をガードするガードバンカーを避けグリーン中央へ。

Hole 11

コース図
コース写真
Gold 429
Blue 360
White 342
Red 294
Par 4 / HDCP 16

ストレートで距離のないパー4。左に傾斜している2段のフェアウェイなので、右上の段のフェアウェイ狙い。2nd左サイドのピンポジションの時は、手前のガードバンカーが気になる。奥行きがないグリーンなので高くて止まるボールと正確な距離感が要求される。

Hole 12

コース図
コース写真
Gold 220
Blue 198
White 185
Red 150
Par 3 / HDCP 10

距離のあるショートホール。グリーン中央手前が馬の背になり、落下地点より左右に流されるので、少し大きめに打つのが狙い目。

Hole 13

コース図
コース写真
Gold 407
Blue 377
White 355
Red 324
Par 4 / HDCP 2

13番ホールのティーグラウンドに立つと、そこには、大きな池が無限の空間を作り出している景観が目に飛び込んでくる。しかし、この美しい風景を見て、感動しているだけではいけない。明確な攻略ルートを組み立て、ティアップすることが、プレーヤーに科せられた使命なのである。

Hole 14

コース図
コース写真
Gold 392
Blue 385
White 357
Red 322
Par 4 / HDCP 14

左ドッグレッグ2ndショット打ち下しのミドルホール。クロスバンカーが7つありティーショットの落とし場所が難しい。フェアウェイ中央先のクロスバンカー方向を狙う。2nd右のピンポジションの位置のときは、グリーン面が見えないので距離感と止まるボールが要求される。

Hole 15

コース図
コース写真
Gold 498
Blue 498
White 470
Red 419
Par 5 / HDCP 8

このホールの特色は、何といってもグリーン手前を横切るクリークであろう。グリーンの右サイドから左へ流れゆくクリークが、戦略性を高めると同時に、美しい景観を醸し出している。それはまるで、オーガスタ・ナショナルの13番ホールを彷彿とさせると同時に、カレドニアン・ゴルフクラブが、世界の名コースと同様の、ドラマチックでエキサイティングなコースデザインである証となっているのである。

Hole 16

コース図
コース写真
Gold 343
Blue 343
White 330
Red 268
Par 4 / HDCP 12

16番のミドルホールは、ティーグラウンドからグリーンまで、大小のマウンドが連なり短かいパー4ながら、難易度を高めている。最も安全な攻略方法は、コントロールされたロングアイアンで、僅かに残されているフラットなフェアウェイにボールを運び、そこからフェード系のボールでグリーンを狙うこと。

Hole 17

コース図
コース写真
Gold 195
Blue 163
White 150
Red 123
Par 3 / HDCP 18

縦に長い2段グリーンのPAR3。グリーン左サイドはバンカー。右サイドはグラスバンカー。ピンポジションの段に乗せる正確なショットが要求される。

Hole 18

コース図
コース写真
Gold 545
Blue 515
White 486
Red 469
Par 5 / HDCP 6

18番ホールの特徴は、巨大な池を絡ませることによって、斜めにターゲットを狙わせるデザインになっていること。この設計パターンを、専門的には“レダン・タイプ”と呼び、戦略的なコースデザインには必要不可欠なものとなっている。

お問い合わせCONTACT

電話でのお問い合わせ 0479-82-6161 受付時間 平日9:00~18:00
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームへ
ページ上部へ