月間ゴルフレビュー コース探訪 に掲載されました


月間ゴルフレビュー【6月号】にカレドニアン・ゴルフクラブの
記事が掲載されました。

ゴルフレビューコース探訪 231
カレドニアン・ゴルフクラブ
(千葉県山武郡)

マスターズと同じ14フィートの高速グリーンで "知的" で
プレイアビリティに富んだゴルフを提供する
つつじが咲き乱れエデンの園のように美しい5番(パー3)だが、グリーンは池に向って傾斜するスリリングなホールだ。

 「マスターズのように14フィートのハイクォリティーグリーンでゴルフの真髄を楽しむ」そんなコンセプトのもとに、通常の一般プレーでメジャートーナメント級の高速グリーンを提供しようというゴルフ場が現れた。
 かつて日本プロゴルフ選手権をはじめ男女のトーナメントを数多く開催して知られる「カレドニアン・ゴルフクラブ」と「富里ゴルフ倶楽部」(共に千葉県山武郡)である。
 両コースとも世界的に知られる米国のコースデザイナー、ジョン・マイケル・ポーレット設計のハイグレードなコースである。
 自然との調和と、人間の英知を結集したモダンクラシックの作風は、あまたある日本のコースの中でも一際異彩を放っている。
 14フィートとはご存知だと思うが、グリーンのスピードを示す数値のことである。米国のエドワード・スティンプソンという人物が発案したもので、樋(とい)のような形をした短い金属製のレールを使い、平らなグリーンで30度ほどの角度から、ボールを様々な方向に転がしその転がる距離で速さを表す。
 一般的に遅いグリーンは7.5ヤード以下、9.5ヤード以上なら速いグリーンといわれている。ちなみに国内の男子ツアーは10〜12フィート、女子で9.5〜11フィートといわれているが、「鏡のグリーン」と形容されるマスターズは14フィート。
 高速グリーンになるとプレーヤーは感覚、技術、精神力をフル稼働させないと対応できないため、一般営業のコースは遅めにして楽にラウンドさせようとする。またそのほうが営業的にも効率がいいという思惑もある。
 ではなぜカレドニアンや富里があえて超難度の14フィートに近づけようとするのか。
 そこにはホンモノにこだわる創業者の早川治良氏(現東京グリーン富里カレドニアン株式会社取締役会長)の哲学が背景にある。
 早川会長は「グリーンを速くするとゴルフが知的なゲームになります。大勢の方にそんな知的な楽しみを味わっていただき、ゴルフの深さをより知っていただければという思いが、今回の決断となりました」
 断わっておくが、この高速グリーンは氏の独りよがりではない。高速グリーンというのは本当にゴルフを面白くさせ、ゴルフの愉悦を心から感じさせてくれるということをゴルファーは知るべきなのだ。
高速グリーンで知的ゲームを楽しむゴルファー

 「マスターズ並みの14フィートの高速グリーン」というのは1つの目標で、決して同じにするという意味ではない。
 ただ一般営業でプロトーナメント並みの高速グリーンを維持するというのは、プロツアーでのそれより実ははるかに難しい。
 というのもプロ競技なら練習日を含めて1週間高速を保てばいいだけの話。期間中芝を低刈りにし、ローラーをかけて硬くツルツルにすればいい。だが試合が終わると芝はストレスに耐えかね、回復が極度に難しくなる。
 以前高速が自慢の国内メジャー級の試合のコースで、その直後にプレーしたことがあるが、グリーンは無残に赤茶け、まるでケロイドのようになって、とてもプレーに耐えられない状態だった。
 高速グリーンを維持する。その裏にはカレドニアンGC、富里GCの血の滲むような努力と、芝に対する高度な知識、愛情、取り組みがあることをゴルファーも知っておく必要がある。
 ベントグラスを高品質に保つためにはいろいろな条件がある。管理者側からすれば、@いつでも低刈りが可能なこと。A適度な保水性と保肥力があること。B潅水が十分にできること。C病害虫を含め管理ミスが最少ですむ事―などである。また気象条件では日射、日照、温度、湿度、通風、降雨などに対する準備が必要になる。環境条件では、グリーン全域に太陽光線を100%受け止める環境を必要とする。(樹木などで光が遮られるレイアウトは絶対避ける)
オーガスタの13番を思わせる15番(パー5)

マスターズ並みの「14フィート」の高速グリーンを宣言し
OB後のプレーイング4などゴルフの本質を歪めるローカルルールも一切なし。
ホンモノのゴルフを徹底追及するカレドニアンGCと富里GCの良心
 これに時期に応じたエアレーションや散水。また排水や有害物質などの芝に与えるストレスを解消する構造。これらの条件を備えながら、施肥、目砂、散水、更新、転圧など徹底した管理とメンテナンスが要求される。こうした準備をした中で、@ボールの転がりがスムーズで速い。Aグリーンにボールを支えるだけの弾力性がある。B均一な表面であること。C降雨やその後でもスムーズなプレーが出来る。Dボールマークが出来にくい。などの理想的なグリーンが初めて誕生する。
 カレドニアンGCや富里GCはグリーンキーパーを中心にこれらの徹底した管理態勢を構築。まさに水も漏らさぬ準備とメンテナンスを施している。
 今回はカレドニアンを取材したが、毎日アウト、イン2人ずつを配し、プレーヤーがプレーした後、すかさずグリーンでのドライスポットがあればじょうごで水を撒く。(均一性を保つため)またアメリカから仕入れた日本でも他にないバーチドレンという先端の尖った火箸のような鉄柱と目盛りの付いた特殊器具で水はけの悪いとされる15cmほどの地中(通常は10cmぐらいまでしかチェックしない)まで刺し、水はけの状態を備え付けの目盛り計でチェック。地中の水はけが悪いと水を抜き、芝の生育に最適な保水性を保つなどで、芝の健康な生育に注意を払う。
恐怖の3段グリーンの2番(パー5)

 ローラーはかけずに根を長く伸ばし、充分な水分や肥料を吸収させる。そして朝、夕必ず全グリーンを3ミリのダブルカットを実施し、速くて、転がりの良いグリーンを常に保つ。
 ただ速いグリーンにするならローラーで固めれば簡単だが、ボールが跳ねてショットの妙味が薄れてしまう。第一それでは芝の寿命に限界が生じ、高品質なグリーンは生まれない。
 あくまで弾力性に富み、ボールマークもつかない理想的なグリーンが究極の目的だ。そのための日夜を惜しまない努力があって始めてホンモノの高速グリーンとなる。
 富里GC誕生の年から約26年のキャリアを誇る現取締役グリーンキーパーの石井浩貴氏がこう語る。
 「早川会長が常日頃唱える愛情"工夫"真心"こそが芝の育成そのものと信じています。芝の気持ちになって、何をすれば一番喜んでくれるか。管理者全員がその姿勢で取り組んでいます。芝にはこれでいいという限界はありませんから」
土壌水分をチェックする
早川会長(右)
石井グリーンキーパー(左)
朝夕3ミリのダブルカットを怠らない

 今年の4月、富里GCでKGA(関東ゴルフ連盟)の月例会が行われた。男女の実力者100人以上が出場している。このときのスティンプメーターは13.5フィート。まさにマスターズ並みの高速グリーンだった。
 そして参加者の大半が「こんなグリーンでプレーできたら確実に日本のゴルフのレベルは上がる。やっとそんなコースが出現した」と高い評価を受けた。
 では高速グリーンにすると何が違うのか。
 まず絶対に必要なのは「コースマネジメント」である。
 グリーン、特にオーガスタやこのカレドニアンのように複雑なアンジュレーションがあって超高速となると、グリーンの落とし場所を考えなければならない。それだけではない、そのピンポイントを狙うには、グリーンから逆算して、ティーショットからルートを考える必要がある。マスターズを見れば分かるが、たとえグリーンに乗ったとしても、落とし場所を間違えるとボールはとんでもない方向に転がり、場合によってはグリーンの外へ転がり落ちてしまう。
プレーが終わるとすぐにドライスポットに水を撒く

 仮にピンまで100ヤードの距離が残った場合、2段グリーンの上にカップが切ってあれば、絶対に上の同じ面に乗せないとまず2パットで収めるのが至難の技になる。その逆に下の段に切ってあれば、絶対にオーバーは禁物。ショートアプローチでも確実な距離感、きっちりとしたショットが要求される。またパッティングも、ソフトなタッチで芯を捕らえないと、簡単に3パットが出てしまう。その代わりタッチと方向性が合うと、ボールはスムーズな転がりを見せ、気持ちよくカップインする。
 そう高速グリーンは技術、頭脳、集中力、精神力と人間のポテンシャルをフル稼働する必要があるのだ。
 「グリーンを速くすると知的ゲームになる」という早川会長の言葉はまさに的を射た言葉でもあるのだ。
 カレドニアンや富里のグレードが高いのはこの高速グリーンだけでなく米国とスコットランドをミックスした「モダンクラシック」のレイアウトと、完璧な練習施設だ。
 300ヤードのドライビングレンジに、コースと同じレベルの広大なアプローチ練習場。
 「充分な練習をして、コースを楽しんでください」という気配りが溢れている。そしてスタートは余裕を持たせた8分間隔。すべてに行き届いている。
 それだけではない。日本特有の池やクリークに入れた時の特設ティや、コース内のOB杭など一切なく、ルールに従った正しいゴルフが要求される。
美しい花に囲まれた練習グリーン

 今回この高速グリーンを体験したゴルフ評論家の塩田正さん(81歳、Hc9)と富里GCの会員でもある塩原義雄さん(68歳、Hc5)が口を揃えてこんな感想を述べた。
 「ゴルフはただ球を打つのではなく、知性や高度なマネジメントが要求されるゲームということが実感でわかります。これは上級者だけでなく、アベレージゴルファーでもホンモノの楽しさが味わえるという点では同じだと思います。」両氏とも海外のプレーも豊富で、含蓄も深い。プレーを終えた後、まさに「わが意を得たり」の表情が印象的だった。
 またこの高速グリーンを両コースの会員の多くは誇りに思いプレーを楽しんでいる。
 カレドニアン、富里が掲げるコンセプトの標語がある。
 「TAM ARTE QUAM MARTE」(タム アルテ クォム マルテ)
 古代ローマ軍が掲げたラテン語で「力と同様に技(頭脳、知性)も」という意味だそうだ。
 ゴルフが奥の深い知的ゲームであることはマスターズや全米オープンが証明している。その根源にあるのは磨きぬかれた高速"グリーンなのである。

 <写真はいずれもカレドニアンGC>

(文 宮崎紘一)
(写真 宮崎紘一/小林 司)

月刊ゴルフレビュー 【6月号】(発行所:(有)ジーエフ企画、2014年5月20日発行)より転載