アジアパシフィックオープンゴルフ チャンピオンシップ
ダイヤモンドカップゴルフ 2017
カレドニアン・ゴルフクラブで開催決定!!



アジア太平洋地域の王者決定戦
「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップゴルフ」
世界中のライバルたちと、それを迎え撃つ日本勢の熱き闘い!!

<大会概要>
大会名称  アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ
 ダイヤモンドカップゴルフ
主催  アジア太平洋ゴルフ連盟
 関西テレビ放送
 三菱商事
 日本ゴルフ協会
共同主管  日本ゴルフ協会
 日本ゴルフツアー機構
 アジアンツアー
開催地  カレドニアン・ゴルフクラブ
 (〒289-1756 千葉県山武郡横芝光町長倉1658)
開催日程  2017年9月21日(木)〜 2017年9月24日(日)


2016年 全英オープンの開催されたロイヤル・トルーンと
富里GC・カレドニアンGCのモットー


2016年 全英オープンの開催されたロイヤル・トルーンのクラブモットー ”TAM ARTE QUAM MARTE”古代ローマ軍の戦略用語で ”武力に等しく計略も”と説明を受けた。
富里GCのモットーとしても使用したいとセクレタリーに申し出て快諾してもらった。・・・もっと見る


この記事の続きは右の画像をクリック!!→


クラブハウスに "トム・ドーク" に関する資料を掲示しました


現在、ゴルフコース・デザイナーの世界においてトップの地位を保ち続ける、トム・ドーク氏の著書や評価基準、氏がカレドニアン・ゴルフクラブに訪れた際の写真などを、新たにクラブハウスに掲示いたしました。
ご来場の際には是非ご覧ください。

↓の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。


徹底解説 横田英治プロの18Hコース攻略(IQゴルフナビ)



↑をクリックすると、新しいタブが開きます。


記事掲載のお知らせ



【ゴルフ用品界】(2016.1.1)
に掲載されました。
『オーガスタ並みの高速グリーンで差別化』
千葉県で2コースを運営する東京グリーン富里カレドニアンの取組みを見てみよう。同社運営のカレドニアンGCは、2012年からグリーンスピードの高速化に注力している・・・・・ もっと見る



この記事の続きは右の画像をクリック!!→


【サンケイスポーツ】(2015.12.2)
に掲載されました。
『美しく難しく−カレドニアン・ゴルフクラブ』
…えっ!?初めてカレドニアンGCを訪れた方は、ティーグラウンドに立つたび、驚かれるはずだ。同GCの各ホールは、まったく『景色』が違う。白砂のビーチバンカーが広がるホール・・・・・ もっと見る



この記事の続きは右の画像をクリック!!→


ご案内




オーガスタ並みのグリーンにチャレンジ
オープンコンペ
オーガスタ並みの超高速グリーンの高戦略コースに挑戦して下さい!
詳しくはこちら
 
オープンコンペのご案内
「シルバー&レディース」「TC(富里・カレドニアン)」等お一人でもご参加頂けるオープンコンペをご用意しております。
詳しくはこちら
 
2組以上コンペ特別見積り
オーガスタ並みの高速グリーンがコンペを盛り上げます。
コンペをお考えのお客様、カレドニアン・ゴルフクラブがお手伝い致します。是非お問合せください。
お見積りはこちら
 
会員補充募集中!!
カレドニアン・ゴルフクラブでは会員を募集しております。
是非一度コースをご体験ください。
資料請求・視察プレーについてはこちら
 


フォトギャラリー







元総理大臣 細川護熙(もりひろ)氏は
時々カレドニアン・ゴルフクラブでプレーをお楽しみになり、
自筆の書を寄贈していただきました。

細川護熙氏寄贈の書 『文武両道』


細川護熙氏と早川会長夫妻



読売ジャイアンツ永久名誉監督 長嶋茂雄氏は
時々カレドニアン・ゴルフクラブでプレーをお楽しみになり、
優勝時の写真と自筆の絵画を寄贈していただきました。

読売ジャイアンツ優勝時の写真(サイン入り)


早川会長と長嶋茂雄氏


長嶋茂雄氏寄贈の絵画 『新世紀生命富士』

カレドニアン・ゴルフクラブ 掲載情報

【サンケイスポーツ】(2015.12.2)に掲載されました。

『美しく難しく−カレドニアン・ゴルフクラブ』
…えっ!?初めてカレドニアンGCを訪れた方は、ティーグラウンドに立つたび、驚かれるはずだ。同GCの各ホールは、まったく『景色』が違う。白砂のビーチバンカーが広がるホール・・・・・ もっと見る
【スポーツ報知】(2015.11.26)に掲載されました。

カレドニアン・ゴルフクラブ 1990年開場。コース設計はマイケル・ポーレット氏。フルバック7056ヤード、レギュラー6186のパー72。池と白い砂のなぎさバンカーが巧みに配置された・・・・・ もっと見る
【GOLF STYLE】(vol.78 2015.1)に掲載されました。

『夢の超高速グリーンを目指して』
「オーガスタのような超高速グリーンでプレーがしたい」そんなゴルファーの夢をかなえるべく、カレドニアン・ゴルフクラブと富里ゴルフ倶楽部では14フィートという高速グリーンを・・・・・ もっと見る
【月刊ゴルフレビュー】(6月号 2014年5月20日発行)に取り上げられました。

『マスターズと同じ14フィートの高速グリーンで”知的”でプレイアビリティに富んだゴルフを提供する』
「マスターズのように14フィートのハイクォリティーグリーンでゴルフの真髄を楽しむ」そんなコンセプトのもとに、通常の一般プレーでメジャートーナメント級の高速グリーンを提供しようというゴルフ場が現れた・・・・・ もっと見る
【サンケイスポーツ】(2014年4月23日発売)に取り上げられました。

『ありえない!止まらない!!超高速グリーンに挑む』
超高速グリーンに挑戦!「カレドニアン・ゴルフクラブ」(千葉県横芝光町)は、今月から「14フィートチャレンジ オープンゴルフ」を実施している「富里ゴルフ倶楽部」(同芝山町)との合同企画で、通常では”あり得ない・・・・・ もっと見る
【DIAMOND Golf & Lifestyle】(2014年2月24日)に取り上げられました。

『リンクス・コースを志向して オーガスタのように美しい!』
聖地セント・アンドルースに代表される樹木のない荒涼とした海辺の大地リンクスランドは、複雑な地形を作り大小さまざまな砂地が織りなされて、幾世紀もの間にゴルフコースを育んできた。・・・・・ もっと見る
【月刊ゴルフレビュー】(3月号 2013年2月20日発行)に取り上げられました。

『リンクスランドとアメリカンスタイルがミックスされ、これに日本の美が加わった数少ないホンモノのゴルフコース』
自然の地形を生かしたリンクスランドのただずまい、ショットを繋ぎ、スリリングなパットを楽しむアメリカンスタイルの造形。四季折々に・・・・・] もっと見る
【GDO GOLF STYLE】『大地の巨匠』(2011年5月19日)に取り上げられました。

『新しい水面”汀のバンカー”カレドニアンゴルフクラブ』
世界の名コースをプレーして歩いた田野辺薫氏(ゴルフジャーナリスト)は、日本の本物のコースとして広野GC、川奈GC、大洗GCなどを取り上げ、GDO(ゴルフダイジェスト・オンライン)に描いてきた。今回は17ページにわたってカレドニアンへの想いを日本のゴルフ史に残るコースとして描かれました。 記事全文はこちら
【会報誌】(2014年9月号)に西澤忠氏(ゴルフ・ジャーナリスト)から寄稿頂きました。

『高速グリーンの時代がやって来た!』
まるで鏡のような速いグリーン!?そんな高速グリーンの時代がやってきた。米国のプロ・ツアーではいつまでも転がり続けるボールの行き方に観衆が興奮し、ゲームが盛り上がるからだろう。急速に進化した・・・・・ もっと見る


写真で綴るコース






カレドニアン・ゴルフクラブの練習場は日本一です。
朝から夕までたっぷりいろいろなアプローチが練習できます。


オーガスタ並みの高速グリーンと高戦略を楽しみながら
一日ゴルフを堪能してください。





金田武明氏『世界の名コース100選の選定基準』の続きを読む