沿革と歴史


富里ゴルフ倶楽部
〜華やかに開場20周年を祝う〜

 平成元年(1989年)6月10日に開場した倶楽部は平成21年6月で20周年を迎え、6月6日(土)と7日(日)の2日間にわたり開場記念杯を盛大に開催しました。
 6日は106人の会員、7日は188人の会員が倶楽部に集まり、明るくにぎやかな節目の記念日となりました。
 パーティ並びに表彰式は歌謡ショーも盛り込まれました。直前に行われた関東倶楽部対抗予選で3位に入った富里チームが決勝進出を果たす快挙が報告され、開場杯に出席した会員の喜びもひときわ大きなものとなり熱気があふれました。
 また、女子研修会は10月26日に開催された報知女子アマ倶楽部対抗選手権の決勝にシードチームとして出場し、栄えある優勝を成し遂げ、富里の名を大いに高めました。
 富里ではいっそうサービスを向上させ、コースのメインテナンスに力を入れてエクスクルーシブな倶楽部づくりに邁進します。
 相馬仁胤理事長と東京グリーン・早川治良会長、平野育男研修会会長のご挨拶を紹介します。





前ページ [1/10]

※ 社名、役職等は会報誌発行当時のものとなります。
※ 一部の画像は、出版物から利用しているため、見づらい場合があります。予めご了承ください。