カレドニアンロゴ カレドニアン・ゴルフクラブ 画像
 
  ホーム 料金・アクセスページに移動します 予約・問合せページに移動します お知らせページに移動します 名コースとは!ページに移動します コースガイドページに移動します  
  トーナメント・写真ページに移動します ウェザーニュースに移動します 名変手続・会則等ページに移動します 会報ページに移動します エチケット・マナーページに移動します アネックスに移動します  
 
コースのリアルタイムな情報を配信しています。
 
カレドニアンのフェイスブックページが出来ました。ご利用の方は是非「いいね!」をお願いします。 
 
最新の『クラブ便り』

富里ゴルフ倶楽部HPにジャンプします
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
 
トップへ
  特別情報1   特別情報   特別情報3  
  優待料金情報   会員募集   鶴見功樹
ゴルフアカデミー
 






WEBサイト『DIAMOND Golf & Lifestyle』にカレドニアン・ゴルフクラブの記事が掲載されました。是非ご覧下さい。

  会員補充募集中
 
     
 
     
  資料請求・視察プレーをご希望の方はこちらをクリックしてください 資料請求・視察プレーフォームへ
 
  こちらをクリックすると総合パンフレットをご覧いただけます 総合パンフレット
     
 
     
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月刊ゴルフレビュー 【3月号】にカレドニアン・ゴルフクラブの
記事が掲載されました。

カレドニアン・ゴルフクラブ

数少ないホンモノのコース

画像
説明
 
 自然の地形を生かしたリンクスランドのたたずまい。ショットを繋ぎ、スリリングなパットを楽しむアメリカンスタイルの造形。四季折々に咲き乱れる花木や、花々の美しさ。
 ゴルフコースに一番大切な要素がすべて盛り込まれたコースが、日本にあることを、迂闊にして気にもとめていなかったことが今にして悔やまれる。それも都心から、わずか1時間足らずの至近距離にあったとは・・・・・。
 千葉県山武郡横芝光町にある「カレドニアン・ゴルフクラブ」もちろんこれまで数々のトーナメントを開催し、評判も高かったのだが、なぜかあまりプレーする機会に恵まれず(10年ほど前までに2〜3度プレーしたことはあるのだが、未熟なせいもあって深く観察する余裕もなかった)。
 ところが昨年11月、そして今年1月と2度に渡ってプレーすることになり、その魅力を体の芯から味わうことになったのだ。
 コースのレイアウト、メンテナンスだけでなく、その美しさ、練習施設の充実、運営スタイル、クラブハウスのたたずまい、食事の美味しさ、従業員のホスピタリティ。何もかもが水準の上をいき、そして何よりも感じ入ったのはオーナー夫妻のコースに対する限りない愛情と、理解の深さである。
 
画像
説明
 
 それは後ほど触れるとして、ここは先ほど触れた現東京グリーン富里カレドニアン株式会社(本社東京千代田区麹町)の取締役会長であり、創業者の早川治良氏(76)が、「ホンモノのコースを造りたい」との理想で、J・マイケル・ポーレットに設計を依頼、1990年10月にオープンした。
 ポーレットは高名なロバート・トレント・ジョーンズ・シニアに師事し、世界中に200コースほど設計している。そのコンセプトは「ゴルフコースは自然を尊重し、1つとして同じホールがなく、18ホールがハーモニーしあって、あたかもシンフォニーを奏でるごとくでなければならない」
 カレドニアンGCはポーレットの設計哲学が具現化され、これに日本的な美が加わった、ゴルフコースの見本ともいえる作品に仕上がっている。まさに大地に刻まれたアートといっていい。
 
説明
 
 カレドニアンGCはポーレットによる基本設計だが、他にゴルフ史家の摂津茂和氏や、評論家でゴルフコース設計家としても知られる金田武明氏(共に故人)のアドバイスも取り入れられている。
 また創業者の早川氏は夫人の初枝さんとともに英国のリンクスランドをはじめ、米国のオーガスタ・ナショナル、サイプレスポイントなど、世界中の名だたる名コースをプレーし、見聞を広めている。その知識、見識をカレドニアンに注ぎ込んでいる。
 リンクスランドの自然、人間の英知を結集したアメリカンスタイルの造形。金田氏はその両者をミックスしたカレドニアンを「モダン・クラシック」と表現して高く評価した。
 さらに同コースは、過去10年以上にわたり、アメリカのゴルフ雑誌「ゴルフダイジェスト」や「ゴルフマガジン」誌が提唱している「世界名コース100選」に毎年ノミネートされてきた。つまり国際的にも高い評価を受けているのだ。
 それは、日本のアマ史上最強・最高のプレーヤーと現在も評価される故中部銀次郎氏が、このコースに愛着を感じ、足しげく通ったことでも、その素晴らしさ、面白さが証明されている。
 
千変万化の18ホール
画像
説明
 
 まあ、堅い話はともかく、コースの魅力に触れてみよう。
 前にも説明したように、ここは一つとして同じホールがない。
 千変万化というか、一つ一つのホールに個性があり、それが絶妙に繋がり、9ホール、18ホールを回るとまさにオーケストラのシンフォニーのように心地よい響きをもたらす。
 例えばアウト2番。ここは軽い打ち下ろし、打ち上げの左ドッグレッグ、パー5ホールだが、フェアウェイ左サイドが深くえぐれ、1打、2打の狙いは右サイド。うまくルートをつないでベストポジションをキープしたとしても第3打にさらに試練が待ち受ける。打ち上げのグリーンは縦長で、手前から奥まで70メートル近い。おまけにグリーンは大きく3段に段差がある。ピンが奥で、アプローチが手前に乗れば下まで転がり落ちる。下にピンが切ったときに、上の段にボールが乗れば、まるでスキー場のスロープのように急激な下りのパッドが待ち受ける。
 6番のパー5ホールは打ちおろし右ドッグで、第2打からはグリーン手前まで右サイドに大きな池。フェアウェイは右に傾斜し、わずかにスライスすればボールは池に転がりこむ。
 グリーンはといえば、左右前後におおきなうねりがあり、落とし場所によって簡単に3パット、4パットも出る。
 インの後半はまさに、シンフォニーのクライマックスになる。
 
画像
説明
 
 14番はバックティなら385ヤード、レギュラーなら357ヤードの短いパー4。ところがグリーン手前右半分には大小のマウンドが連なり、右にピンが切ってあれば、グリーンはブラインドになる。ここは想像力、距離感、弾道など五感をフルに使っての攻め方が要求される。まさにリンクスの風情そのもの。
 そして続く15番は、フラットなパー5ホールだが、グリーン手前から左サイドにかけてクリークが流れる。聞けばオーガスタ13番ホールをイメージしたとかで、点と点をつなぐスリリングなホールだ。
 そして最終18番(パー5)は、右サイドに大きな池が横たわり、勇気を持って第3打で池をカットして最短ルートを狙うか、あるいは安全ルートで左から攻めるかの判断が必要になる。グリーンは横長で右半分は池越えになり、左縁は真っ白なビーチバンカーが眼に飛び込んでくる。ここはアメリカンスタイルの美しくも、難度の高いホールだ。
 各ホールともティーショットの景色に歓声を挙げ、落としどころに迷い、グリーンに上がれば、スリルとため息の連続だ。
 
画像
説明
 
花で溢れる桃源郷
 だがホールが複雑で、個性があるということは、飽きがこず、集中が高まるということでもある。だからこそカレドニアンは誰が回っても面白いということにもなる。
 だがここの更なる魅力は四季折々コースを彩る花々の美しさ。
 これは早川会長夫人の初枝さんの尽力によるもの。
 春の陽光桜、桃、こぶし、マグノリアから始まり、姫金魚草、ナデシコ、白水仙、ポピー、つつじ、紫陽花、秋の紅葉になると様々の色を出す樹木の数々。
 初枝夫人は花好きが高じてアメリカの大学から花木に関する講師依頼まできたほど。あらゆる種類の花々を研究し、時には徹夜までする勉強家。
 ただ花を植えるだけではない。花の性質、芝や土との相性、花同士を殺しあわないためのバランス、害虫のつかない工夫。まるで花博士のように、花木を慈しみ、育てる初枝さん。
 特徴は花壇を作り、これ見よがしに押し付けるのではない。あくまでコースが主役で、花はそのアクセサリー。だからさりげなく人の目に触れ、癒しをもたらすような植え方に徹している。「花と対話し、会員の方や、訪れるゴルファーの方たちの心の安らぎになればという思いで植えてます。」(初枝夫人)
 季節になれば、さながらエデンの園のように美しく装うカレドニアンの花々。これもコースに愛情を持つ早川夫妻なればこそ。
 
画像
説明
 
 同クラブは、日本で唯一会員で組織する中間法人が大株主で自主再建に成功したことでも知られている。会員は間接株主会員として、経営にも参加しているから、まさに会員主体のクラブ運営が実現している。それが良好なクラブライフをかもし出している理由でもある。
 現在更なるクラブ運営の充実化を図るため、正会員の補充募集(80名)を実施中だ。募集金額は法人・個人正会員(縁故)で、229.6万円(入会金120万円、預かり保証金100万円、消費税9.6万円)募集期間は平成26年4月15日から(定員になり次第締切)
 コース、メンテナンス、運営と3拍子揃ったカレドニアンGCは、人生を楽しむまたとない環境に恵まれている
(文 宮崎紘一)
 
月刊ゴルフレビュー 【3月号】(発行所:(有)ジーエフ企画、2013年2月20日発行)より転載

 
 
 
 
 
  コースの所在地、電話番号、FAX番号のこちらをご覧ください。
 
  目次から各ページを直接ご覧いただけます。
 
ゴルフの歴史と文化 目 次

 
 
  練習場タイトル
  練習場画像
  練習場説明
 
 
  ポスター
 
  予約はフルネームで
  8分間隔
  大地の巨匠
大地の巨匠説明
ゴルフダイジェストオンラインへクリックボタン
 
 

 
画像
 
画像
 
画像
 
画像

ちらし画像
ちらし画像ちらし画像 ウェザーニュースへ移動 携帯用ページに移動します
ちらし画像

ちらし画像


 
中部銀次郎画像
 
元総理大臣 細川護熙(もりひろ)氏は
時々カレドニアン・ゴルフクラブでプレーをお楽しみになり、
自筆の書を寄贈していただきました。
文武両道画像
細川護熙氏寄贈の書 『文武両道』
細川氏画像
細川護熙氏と早川会長夫妻
 
読売ジャイアンツ永久名誉監督 長嶋茂雄氏は
時々カレドニアン・ゴルフクラブでプレーをお楽しみになり、
優勝時の写真と自筆の絵画を寄贈していただきました。
長島氏画像
読売ジャイアンツ優勝時の写真(サイン入り)
新世紀生命富士画像
長嶋茂雄氏寄贈の絵画 『新世紀生命富士』



月刊ゴルフレビュー【8月号】に姉妹コースの
富里ゴルフ倶楽部の記事が掲載されました。





画像
 
 富里ゴルフ倶楽部は1989年に開場、その1年4ヵ月後に姉妹コースのカレドニアン・ゴルフクラブが誕生している。
 共に米国の有名コースデザイナー、ジョン・マイケル・ポーレットによる設計だ。創業者の早川治良氏(現東京グリーン富里カレドニアン株式会社取締役会長)は第一番目の富里GCを建設するに当って、こんな理想を込めている。
 「1グリーンであること。それもピンポジションによって、幅広い攻撃ルートをもたせること。各ホールに個性があり、メモラビリティがあること。ホールごとにショットバリューがあり、ポイントをつなぐ妙味があること。上級者にはリスクと報酬を求め、エンジョイゴルファーや女性にも楽しめる幅広い攻略ルートを設けること。18ホールに長短、ハザード、アンジュレーション、グリーンの形状など変化をつけ、オーケストラのシンフォニーのようにハーモナイズされること。日本的な和の美を加味すること」などである。
 そしてコースの基本となるメンテナンスに力を注ぎ、プレーに当って十分な練習施設を作ることを念頭に置いた。
 
画像
 
 1グリーンにこだわったのは、その昔の1973年(昭和48年)に皆川城CC(栃木県)を作った際、当時の常識だった2グリーンにした経緯を踏まえてのもの。
「2つが横に並んだ完全なメガネグリーンでした。当初はそれで満足していたのですが、時間が経つにつれて、バランスの悪さとまあみっともなさが目につくようになりました。それにターゲットゲームというゴルフ本来の性質を考えると最終目標のグリーンは1つであることが理にかなっていることに気づきました。1ホールに2つのグリーンではデザイン的にも、戦略的にも焦点がボケますし、不自然そのものでした。」
 早川氏は富里GCを作るに当って、世界各国の名コースを視察し、歴史に触れ、そして識者の意見に耳を傾けるにつれ、ゴルフコースは1グリーンであることに確信を抱いた。その思いや理想が富里GCに反映され、その後のカレドニアンGCに活かされたということである。
 
 
 富里ゴルフ倶楽部(以下富里GC)が誕生するに当っては2人の人物がかかわっている。
 1人はゴルフ史家として知られる摂津茂和氏(世界ゴルフ大観=日本編・世界編の著者で知られる)と、ゴルフ評論家でコース設計者としても知られる金田武明氏(共に故人)である。
 ゴルフ史家として、ゴルフ発祥から現代までの歴史を研究してきた摂津氏と、米国に留学、スポーツイラストレイテッド誌アジア代表として活躍。ボビー・ジョーンズやジャック・ニクラス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーらと深い親交のあった金田氏は、ゴルフ場建設に情熱を持つ早川氏の良きアドバイザーでもあった。
 その二人が口を揃えて早川氏に進言したのが「ゴルフコースはグリーンが命。世界的に見ても1グリーンこそが魂を吹き込まれる大切な条件。」という提案だった。
 そして金田氏がデザイナーとして薦めたのがジョン・マイケル・ポーレットだった。
 ポーレットは誰あろう、世界的に知られるロバート・トレント・ジョーンズシニアに師事し、片腕として腕をふるった設計家。
 面白いのはアメリカで活躍するコース設計家はそのほとんどが英国出身。シカゴGCを設計し、後にUSGA(全米ゴルフ協会)を設立したチャールズ・マクドナルドを筆頭に、パイン・ハーストNo2コース設計で知られるドナルド・ロス、オーガスタ・ナショナルGC設計のアリスター・マッケンジー、日本の広野GCや川奈ホテルGCで知られるチャールズ・アリソンらはスコットランドやイングランド出身。そしてR・T・ジョーンズシニアもまたイングランド生まれだった。
 アメリカに渡った彼らは、英国のリンクスと、土地に恵まれたアメリカの環境を融合させた「モダン・クラシック」の傑作コースを次々世に生み出した。
 
マイケル・ポーレットが心血を注いだハイグレードコース
画像
 
 その中でも現代手法を取り入れたのが、ポーレットである。金田氏は英国、アメリカのテイストに日本の和の美を融合させるにはポーレットを置いて他にないと、早川氏に薦めた。
 富里GCはそのポーレットが心血を注いだコースに仕上がった。和の美を取り入れたために一見しての荒々しさはない。
 だが、一見女性的な穏やかさと美しさの中に実はこれ以上ない芯の強さを秘めている。
 フェアウエーの微妙なアンジュレーション、打ち下ろし、打ち上げ、ドッグレッグと変化に富み、グリーンは縦長、横長、段差、左右前後の切れ込み、複雑なアンジュレーションと一つとして同じ形状はない。
 フルバック(GOLD)からの距離は6857ヤード、ブルーティからでも6562ヤード、ホワイトなら6243ヤード(共にパー72)と総じて距離は短い。だが距離と難易度は別ものだ。
 まさにプロや上級者にはリスクと報酬を紙一重にしている。
 たとえば名物7番のショートホール。ここは日本庭園風の美しいホールで、フルバックでも175ヤード、レギュラーティなら142ヤードと短い。
 ところがグリーンは左手前から右奥に斜めに細長く、左に向かって下り傾斜。手前は2つのバンカーと、急激なスロープが下の池まで続いている。右にピンが切ってあれば、そのピンを狙って少しでもショートすればスロープを転がり落ちて簡単にダブルボギーも出る。
安全に左を狙ってフックすれば林の中。奥のバンカーにでも入ればグリーンは下り傾斜で恐怖のバンカーショットとなる。まさしく勇気と技術が要求される。
 
画像
 
 9番はブルーティから415ヤード、レギュラーティからでも388ヤードと長いパー4。
 ティーショットは谷越え。右サイドには高い樹木が続き、グリーン手前左は池。おまけに花道は幅15ヤードほどしかない。
 第2打で距離を必要とする上に少しでもフックすれば池の餌食。
 2オン狙いなら右の立ち木越えだが、少しでもミスれば木に当る。刻むか、狙うか思案のしどころ。全編こんな調子が続く。
 ゴルフ発祥の地、英国にはこんな考えがある。それはロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ倶楽部の規則委員長を20年も務めた識者ジョン・ローの言葉に代表される。
 「ゴルフは地中海の航海に例えれば、真の面白さは際どいところで”スキュラ”(ギリシャ神話の中の6つの頭を持つ怪物女)をすり抜け、無傷で”カリュブディス”(シシリー島沖の大きな渦巻き)をくぐり抜けるところにある」(大塚和徳著『ゴルフ五番目の愉しみ』から)
 つまり危険やスリルを乗り越えてこそ真の喜びや楽しみが味わえるということだ。
 こういう考えは日本人にはない。富里GCはそこまでおどろおどろしたところは無くても、それに近い面白さがある。
 だが距離の長さではなく、戦略性を重視したレイアウトは、女性や非力なゴルファーでもそれなりの楽しさがある。リスクをおかさず、正確なショットを繋ぎ、アプローチやパットでしのげば、パーも十分取れる。これもまたゴルフの真髄である。
 
画像
 
故中部銀次郎氏が惚れ込んだ充実のアプローチ練習場
 富里GCの他では見られない素晴らしさは充実した練習施設にもある。特にインコーススタート近くにあるアプローチ練習場は秀逸。広大なスペースに大きくうねるグリーンと深いバンカー、アプローチエリア。本グリーンと変わらない手入れの行き届いたグリーンはアプローチやバンカーショットでの転がりやスピンの効き具合が一目で分かる。
 今は亡き中部銀次郎氏(日本アマ6回獲得の不世出のトップアマ)が、ここに惚れ込んで日がな一日練習したというエピソードがある。
 オーナーの早川氏は現在一つの目標を掲げている。それはメンテナンスで現在日本一といわれる軽井沢GCに追いつき、追い越すこと。「支配人やグリーンキーパーを軽井沢に派遣し、勉強させています。フェアウェーを10ミリから11ミリにカットしてカーペット状にし、ラフは通常1〜2週に1回刈り込むところを週に2回刈り込んでいます。イメージはオーガスタ。コースのグレードを上るためにはお金を惜しまないつもりでいます」
 四季に応じてコースを埋め尽くす花々。生い茂る樹木、絨毯のように艶のあるフェアウェー、青い空を映す池の水面。ここは非日常溢れる別天地。こんなところでプレーできるゴルファーは幸せだ。
 
画像
 
 現在補充会員募集中。平成26年4月15日より縁故正会員(法人・個人)164.8万円(入会金60万円、預かり保証金100万円、消費税4.8万円)
 縁故平日会員がなんと28.8万円(入会金10万円、預かり保証金18万円、消費税0.8万円)
 年4回のシニア交流戦(メンバー料金)など特典も一杯。リタイア組なら夫婦や、友人と平日会員という手もある。間接株主会員制だから、譲渡も可能だしクラブライフも充実している。ゴルフ場としてはまさに五つ星クラス。このチャンスを見逃す手はない。
 
月刊ゴルフレビュー 【8月号】(発行所:(有)ジーエフ企画、2013年7月20日発行)より転載




 

 
TAM ARTE QUAM MARTE・・・力と同様に技(頭脳)も
カレドニアン・ゴルフクラブは、ドラマチックなエキサイティングなホールが展開してドラマチックなプレーを演出するので挑戦意欲が掻き立てられる。世界の名コース100選に連続ノミネートされている18ホールズはすべてが個性的で印象的なコースだ」。

ゴルフの発祥地・スコットランドのリンクス精神が受け継がれたコースは自然の地形が生かされ、見事にメインテナンスされたフェアウェイと純白のバンカー群、大きな池や渚バンカーは飛ばす力だけでなく頭脳と技量を要求する。
またピンの位置で変化する滑らかな高速グリーンのタッチは球趣をいっそう盛り上げる。ターゲットを斜めに狙わせるリンクスの名ホールが再現されたカレドニアンの高度な戦略性は、プロからアベレージクラスまでプレイの醍醐味を満喫させるだろう。


 
東京グリーン富里カレドニアン株式会社のWEBサイトに移動 カレドニアン・ゴルフクラブ
〒102-0083  東京都千代田区麹町1丁目7番地
相互半蔵門ビル8F
〒289-1756 千葉県山武郡横芝光町長倉1658
Phone:03-3237-8411
Fax:03-3237-8417
Phone:0479-82-6161
Fax:0479-82-6214

ADOBE READERをインストールしていないと閲覧できないコンテンツも含まれています。インストールされていない方は、右アイコンをクリックし、手順に従い、ダウンロードして下さい。 アドビHPのジャンプします

 アクセスカウンター

ページTOPへ

下の文字をクリックすると各ページに移動できます
お知らせページに移動します   名コースとは!ページに移動します   会報ページに移動します   ウェザーニュースにジャンプします

  特別情報1   特別情報2   特別情報3  

Copyright (C) Tokyo Green Co.ltd All rights reserved.